ソーラーシェアリングで先端設備等導入計画の申請が受理されました

こんばんは、Kane-Heyです。

地元の市役所に申請していた先端設備等導入計画の申請が無事に受理されました。

これにより3年に渡って償却資産税の減免が受けられ、課税標準額がゼロに軽減されます。

ネットには、自治体によっては、太陽光の設備は電気業であり減免の対象としないといった情報もあったため、どうなるのか気がかりでしたが、申請が通ったため、ほっとしています。

今回の申請で留意したのは以下の点です。

  • お茶の生産のみならず加工、販売まで手がける事業(農業+製造業)として申請
  • 生産から販売まで事業を垂直統合させて収益を高めることで、継続的な生産性向上につながるという内容とした
  • 太陽光パネルや営農型の架台は高単価なお茶づくり(被せ茶、玉露)に有効である(実績あり)
  • 高収益化に対する設備投資の回収は、売電収入によって吸収可能

営農型太陽光発電設備そのものがお茶の高収益化につながり、かつ、設備投資の回収は、お茶の相場や収益にはまったく左右されず、売電収入という形でコンスタントに返済が可能なため、茶農家にとっては少ないリスクで設備投資ができるという、ものすごいスキームだと思います。

お茶とソーラーシェアリングは本当に相性がいいです。

それを裏付けるように、上述の内容を理解していただいて、めでたく、農業事業の融資に積極的な静岡県信連さんから融資を受けることができました。また、静岡県信連さんは認定支援機関でもあったため、本申請に合わせて認定支援機関確認書も発行していただけました。